雑文


 このページには、まつもとのクレイジーな日記が掲載されます。夜食のお供にでもいかがですか。
 下には過去の日記のリンクがまとめてあります。時間をむだにしないよう、読むのはそこそこにしておきましょう。

 
4月18日 ごきげんよう。まつもと a.k.a. 季節の変わり目に体調崩すマンです。前回の日記までは元気だったのですが、ほんとに体調を崩して大変です。いやな感じの咳が出ています。あまりにしんどくて、1つ思い出すと1つ忘れるマンという新たなMCネームを自分につけました。
入学式から新学期始まりました。いろいろあわただしいですがみなさんがんばってますか。ストレスたまって体調崩したりしていませんか。僕は崩しています。崩れています。あれでしょ?みなさんかぜひいても3日くらいでなおったりするんでしょ?そんなあほな。僕最短でも1週間、悪くなると2週間かかりますから。なんなんですかこの差。ZXが念じるだけで変身できなくなって、「変わらない…オレはもう…変わる力も…」とかいってるのを思い出します。僕も変身ポーズみたいなのをとったらかぜがなおったりするのか。そんなことを考える寒暖差の激しい春、みなさんいかがおすごしですか。
そんな体調で講義したのですが、元気に動くどころか声もあんまり出ないので、例によっていたわってくれとオーディエンスにお願いしたら、静かにきいてくれました。関学生ってほんとにいい人たちです。ありがとうございます。
スキマスイッチ「新空間アルゴリズム」聴きました。以前のスキマスイッチっぽいアルバムタイトルですが、曲もよりキャッチーな、それでいてハイクオリティなものになってます。初期が好きだったのになーという人もこれは聴いてみるといいでしょう。かぜで弱ってるからか、「未来花」が心にしみました。

MCネームとして季節の変わり目に体調崩すマンを名乗っている僕ですが、実際にラップをやっているわけではありません。でも僕もいつ街角でサイファーに巻き込まれるかもしれませんからね。そんなときのためにMCネームだけはつけておこうということです。美ー子ちゃんによるとかぶりそうなMCネームはだめらしいですがさすがにこれはかぶらないでしょう。ついでにどういう音楽やりたいの?などと聞かれたときの対策も考えておきますね。何がおきますねなのかわかりませんが、かぜでしんどいので許してください。
季節の変わり目に体調崩すマンはちょっと長いので、何もしないとたぶん崩すマンさんとかさらに縮められてくずさんとか弁護士みたいに呼ばれそうなので、表記的にはKKTKMという略称を用いて、呼ばれるときにはまつもととよんでもらおうと思います。
歌詞の内容は徹底的にかぜがなおらない、かぜがしんどいで統一。しかもよく考えられたリリックを何小節も続けていくスキルはないので、ひたすら連呼系です。しんどいしんどい(イエー)、かぜなおれ(なおらない)かぜなおれ(なおらない)という感じの(かっこ内はコール&レスポンス)。できればトラックの質の高さで勝負したいです。乗れるトラック、踊れて騒げるトラック、でも歌詞は病弱。(ちょっと韻踏めた)
ですのでラップバトルにはまったく縁のない、呼ばれもしない感じですが、しっかりセルアウトはしていく、妙にお茶の間に届いてしまう音楽にします。ちゃんとしたヘッズにはすごい嫌われそうな音楽にしたいと思います。クラブでかけると結構盛り上がるけど、ヘッズには「KKTKMないわー」「あいつラップわかってないわー」とかいわれる。それでいいでしょう。
音源としてはミニアルバムを3枚くらいリリース予定で、内容はだいたい病弱な感じで。シーンである程度注目を集めたら、ストレスで胃が痛いとか、ダイエットしても体重が減らないとか、少しずつ内容をかぜから広げていきたいです。病弱ラップからネガティブラップへの進化ですね。そうすることで不幸な境遇を歌うスキルフルなラッパーとつながって、のっかっていきたいという戦略を立てています。
考えるだけ、いうだけなら誰でもできる。でもやらずにいうだけ。妄想こそがまつもとの神髄です。
4月2日  ごきげんよう。オリンピックと世界選手権と、カーリングみまくっているまつもとです。カーリングおもしろい。なかなかセオリーがわからなくて作戦が解説と一致しませんが。
4月になりました。このところ急激にあったかくなって、入学式には桜も散りまくってるだろうと思っていましたが、なんとかもちました。忖度桜。新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。僕はこの大学のやさぐれ教員まつもとといいます。MCネームとして季節の変わり目に体調崩すマンや、乗り物酔いしやすいマンなどがあります。よろしくお願いいたします。
先日新しい3回生のゼミ生と合宿行ってきました。めっちゃたのしかったです。僕の暗黒面に由来する天気の悪さが恒例ですが、今年はよほど晴れパワーの強いやつがいたのか、2日ともとてもいい天気でした。
男子のガチバスケに参加して、呼吸しすぎて瀕死という現象を体験したりしましたが、あんまり晴れていたので琵琶湖のそばでだらだらしている時間がほんとにたのしかったです。滋賀は寒いので外でだらだらできたこと自体キセキでしたが、なんもしない時間はほんとにしあわせでした。これからのぜみもすごく楽しみになりました。
そうそう、お仕事の話ですが、はじめて翻訳に携わらせていただいた『拡張的学習の挑戦と可能性:いまだにここにないものを学ぶ』が出版されました。とてもうれしいです。エンゲストロームの本に関わらせていただくだけで幸せです。自分でもがんばったのですが、山住先生はじめみなさまにご迷惑をおかけしました。ありがとうございました。これからがんばって読みます。
NHKの刑事モースみています。途中までCSでみていたのですがやっぱりおもしろい。何がすごいって、見たことある第1話をもう1回見て鮮烈に驚いたくらいです。ドラマをみるのは英語の勉強にはいいと聞いていますが、がんばらなくても続くのはいい。でもできたら英語字幕で見たい。まだDVDは出てないので、熱心にみられるものといえばスター・ウォーズしかないかなと思います。フォースの用語ばかり入ってきそうですが。

もう相方と結婚して15年になるのですが、いくらでもまだやってないことはあるなと思いました。
なんとなく思いつきで、コンロの前に立って焼き肉をするというのをやってみました。焼き肉はお店にいくかホットプレートでやるかだと思いますが、コンロの前でフライパンで焼き肉をすると、煙がまだましになるのと、後片付けが簡単になります。あとあの調味料入れてみよとかいう思いつきをすぐ実現できます。背後に冷蔵庫があるからです。あと立ったままなのでそんなに食べ過ぎないことです。足が疲れたらやめるという感じです。難点は立ったままなので疲れるということでしょうか。
テレビは遠くてみられないので、なんか音楽でもかけようと、Amazon Echoに邦楽のヒット曲をかけてと頼んだら、なぜかハワイアンのプレイリストをかけられました。ハワイアンを聴きながら家で立ってフライパンで焼き肉を食べる。結構おもしろかったです。この夫婦の形どうなんですかね。
   
<ログ> <北九大時代>

Home